PR

GLP-1受容体作動薬とは?飲むだけでダイエットできる薬の効果と副作用について解説

薬を用いたメディカルダイエットとして近頃話題になっている「GLP-1」。

ですが、そもそもどんな薬なのか気になっている方は多いと思います。

そこで、GLP-1について

・効果
・副作用
・安全性
・購入方法
・注意点

等を徹底解剖していきます。GLP-1ダイエットについて興味のある方はぜひこの記事を参考にしてください。

\GLP-1ダイエットはDMMクリニックがオススメ!/

GLP-1受容体作動薬とは

GLP-1受容体作動薬は、糖尿病の患者に対して使われている「糖尿治療薬」です。GLP-1には減量効果があるため、近年ではダイエット薬としても利用され始めています。

そもそもGLP-1とは、私たちの身体のなかにあるホルモンの一種で、血糖値を上げる「インスリン」を膵臓から分泌させる働きがあります。消化管の中に食べ物が入ってくると、小腸からGLP-1が分泌され、血液を流れて膵臓に運ばれます。GLP-1が膵臓にたどり着くと、インスリンが分泌され、血糖値が下がります。

つまり、GLP-1受容体作動薬はインスリンを出すように膵臓に働きかける薬というわけです。

では、GLP-1受容体作動薬がインスリンの分泌を促すことと、ダイエット効果の間にはどのような関係があるのでしょうか。

GLP-1受容体作動薬の仕組み

GLP-1がどのようにしてダイエット効果を発揮するかを下記の図と共にご紹介します。

上記の図のように、GLP-1には主に3種類の減量が期待できる効果があります。

  • 食欲の抑制
  • 満腹感の持続
  • 食事量の低下

それぞれ、胃腸や膵臓、脳に作用する効果があるため、無理なくダイエットをすることができます。

インスリンの分泌促進

上記でも説明したように、GLP-1にはインスリンの分泌を促す効果があります。インスリンには、血糖値を下げる効果があります。また、糖の血中への放出作用のある、「グルカゴン」の分泌を抑制して食後の血糖値の上昇を抑える効果もあります。

また、GLP-1受容体作動薬は血糖値が高いときのみインスリンを分泌するように働きかけます。そのため、必要以上にインスリン分泌を促進することはありません。

消化器の動きを緩やかにする

GLP-1には、胃や腸などといった消化器官の働きを緩やかにする効果もあります。食べ物が腸にたどり着くタイミングを遅くし、食後の血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

また、内蔵脂肪の燃焼作用もあるため、生活習慣病の改善にもつながります。

中枢神経へ作用し、食欲を減退させる

食欲を司っている脳の視床下部にある中枢神経に働きかけ、食欲を抑える効果があります。食欲自体を抑えることができるため、過食や間食を防ぐことができます。

GLP-1ダイエットの保険適用について

GLP-1を服用することで、大きなダイエット効果を期待することができます。しかし、ダイエット目的でGLP-1を購入する場合、保険適用外になります。

主な理由として、GLP-1受容体作動薬は「2型糖尿病患者の治療目的で作られた医薬品」であるからです。

そのため、2型糖尿病を発症している方でない限り、自費診療となり薬代は10割負担となります。購入の際にはご注意ください。

GLP-1ダイエットとは?

GLP-1ダイエットは、GLP-1受容体作動薬を服用して減量するメディカルダイエットです。

他の人と比較して、「太りやすいな」と感じている人は体内のGLP-1量が不足している事が原因である可能性があります。薬を飲むことで体内のGLP-1量を補い、痩せる事が期待できます。

安全性についても、アメリカやヨーロッパ、韓国などでも認められており、肥満薬として利用されています。日本でも、2023年に一部の薬が肥満薬として承認されています。

GLP-1ダイエットの効果

GLP-1ダイエットの効果は、「食欲減退」、「満腹感の持続」、「食事量の低下」、「脂肪の分解効果」が挙げられます。

しかし、実際にGLP-1を服用するとどのくらい痩せることができるのでしょうか。
また、ダイエット効果が発揮されるまでにはどのくらいの期間服用を続ける必要があるのでしょうか。

下記では、GLP-1ダイエットの減量例と減量するまでの期間を解説していきます。

どのくらい痩せるの?

GLP-1ダイエットに興味のある方は、「実際に何キロ痩せることができるのか」気になっている方は多いのではないでしょうか。

ダイエット開始時の体重やダイエット効果には個人差があるため、一概に何キロ痩せることができるとは断言できません。

しかし、臨床試験の結果をもとに、何キロ痩せることができるかの目安をご紹介しますので参考にしてください。

一番人気のGLP-1薬である「リベルサス」を例にすると、日本人を含めた国際臨床試験の結果、投与後26週で平均2㎏前後体重が減少したことがわかりました。

また、海外の臨床試験では68週の服用で-15.8kgの体重減少が確認されています。

注射薬の一つである「サクセンダ」の場合、海外3731人を対象に56週間臨床試験を行った結果、平均8.4㎏の体重減少が認められています。

上記の実験では、GLP-1の投与以外通常の生活を送ってもらった結果となるため、GLP-1がダイエットに有効であることは明らかです。

また、服用する期間が長ければ長いほどダイエット効果が大きくなるため、体重を大きく落としたい方は長期間に渡って投与を続けることをおすすめします。

ここで気になるのは、「GLP-1を投与してから体重減少の効果が現れるまで最低どのくらいの期間服用し続けなければいけないのか」という事です。

次に、「GLP-1ダイエットの効果が出るまでの期間」を解説していきます。

ダイエット効果が出るまでの期間

一般的に、GLP-1ダイエットを始めてからダイエット効果が現れるまでの期間は「3ヶ月〜6ヶ月」と言われています。

運よく2週間程度で体重が減少し始めたとしても。一時的に痩せたというだけのため根本的な解決にはなりません。

GLP-1ダイエットで重要なことは、体重を減らすことではなく「少ない食事量に慣れること」です。

体重が減少したからと言ってGLP-1の服用を止めてしまうと、食欲が元に戻ってしまいリバウンドしてしまう可能性が高いです。

新しい食習慣に慣れるために3ヶ月〜6カ月程度はGLPダイエットを続けるようにしましょう。

GLP-1ダイエットのメリット

GLP-1ダイエットには多くのメリットがあります。特にこれまでダイエットを挫折した経験のある方や、なかなか痩せることができなかった方、今年こそは痩せたい!と意気込んでいる方におすすめできます。

下記では、GLP-1ダイエットのメリットについて解説していきます。

メリット①ストレスを感じにくい

ダイエット中には食事制限や運動を行う必要があるなど、「我慢すること」が多くなります。しかし、GLP-1ダイエットは食欲自体が抑制されるため、我慢をする必要はほとんどありません。ストレスなくダイエットができるため、どなたでも続けやすいというメリットがあります。

メリット②手軽に始められる

GLP-1ダイエットは、錠剤タイプと注射剤タイプがありますが、どちらも1日1回、数秒で終わらせることができます。処方もオンラインクリニックを利用する事で、診療から発送まで全て自宅で完結できるため、非常にお手軽にダイエットを始めることができます。

また、一部の注射剤は週に1回接種するだけで問題ないものもあるため、非常に続けやすいダイエットと言えます。

メリット③失敗しない

GLP-1ダイエットは、他のダイエットと異なり、薬さえしっかり摂取していれば誰でも痩せることが可能です。食事制限や運動を行うダイエットでこれまで痩せることができなかった方でも安心してダイエットに取り組むことができます。

メリット④リバウンドしにくい

GLP-1は、食事量を減らす効果と太りづらい体質に変化させる効果があるため、リバウンドしづらいダイエット方法です。

少ない食事量で満足できるため、食習慣が改善されて胃が小さくなり、ダイエット後もリバウンドを防いでくれます。

GLP-1ダイエットのデメリット

GLP-1打ウエットにはメリットだけでなく、デメリットも存在します。下記の2点のデメリットはダイエットを始める前に確認しましょう。

デメリット①注射剤は費用が高額

GLP-1ダイエットは、3ヶ月~6カ月ほど続ける必要があるため、月々の費用が生活を制限してしまう可能性があります。

一般的に、錠剤は月々8,000円、注射剤は月々25,000円ほどかかります。経済的に余裕のない方は、まず錠剤のリベルサスから始めるのがオススメです。

デメリット②副作用が出る場合がある

GLP-1薬を服用すると、まれに副作用が出てしまう方がいます。副作用はGLP-1ダイエットを始めたばかりの方に生じる傾向があるため、注意しましょう。

しかし、副作用は継続的にGLP-1薬を摂取することで徐々に慣れていきます。副作用が出てしまった人はダイエットを続けていくことが重要です。

GLP-1ダイエット薬の種類

GLP-1のダイエット薬には、大きく「内服薬」と「注射剤」という2つの分類があります。

内服薬はリベルサス1種類のみですが、注射剤には多くの種類があります。

GLP-1薬の種類は以下の通りです。

GLP-1ダイエット薬の種類
内服薬 注射剤
リベルサス オゼンピック
ビクトーザ
サクセンダ
ウゴービ
マンジャロ

GLP-1には合計6種類あり、それぞれ料金や特徴が異なります。

下記では、それぞれの薬ごとに解説していきます。

内服薬

GLP-1の内服薬はリベルサスのみです。注射剤と比較してどのような違いがあるのでしょうか。

リベルサス

リベルサスの特徴
特徴 内服薬タイプ
GLP-1で唯一の経口薬
他のGLP-1薬と比較して安価服用時のルールがある
使用方法 1日1回空腹時に、1錠服用
主成分 セマグルチド
値段
(1ヶ月分)
3㎎約8,000円 7㎎約16,000円 14㎎約26,000円
購入方法 クリニック
オンラインクリニック
個人輸入代行サイト

リベルサスは、GLP-1受容体作動薬の中で唯一の内服薬です。他の薬は全て注射剤のため、手軽にGLP-1ダイエットを始めたい方や、メディカルダイエットがはじめての方はリベルサスから始める事をおすすめします。

また、値段も比較的安価で、3㎎のものは月々約8,000円で処方してもらう事ができます

ジムに通う金額とほとんど変わらないため、運動が苦手な方やジムに行く時間がとれないが痩せたいという方にもぴったりです。

注射剤

オゼンピック

オゼンピックの特徴
特徴 自己注射タイプ
細い針で痛みが感じにくい
本体を繰り返し使う
初回は空打ちが必要
使用方法 週に一回太もも、腹部、上腕のいずれかに自己注射
主成分 セマグルチド
値段
(1ヶ月分)
0.25㎎約15,000円 0.5㎎約25,000円 1.0㎎約40,000円
購入方法 クリニック
オンラインクリニック
個人輸入代行サイト

オゼンピックは自己注射タイプのGLP-1薬です。リベルサスと同様、セマグルチドが主成分となっています。

オゼンピックの主な特徴は、「細い針で痛みを感じにくい」「本体は繰り返し使う」「初回投与時は空打ちが必要」の3点です。

オゼンピックの針は、非常に細いため自己注射時に痛みを感じにくいです。

また、注射するたびに針先を交換して必要量だけ注射するため、本体は繰り返し使用します。例えば、本体に2㎎の薬が入っている場合、0.5㎎ずつを4週間使います。1回の使い切りタイプではない点には注意しましょう。

また、初回投与時に薬剤が正常に針先から出るのを確認するために、「空打ち」という操作が必要になります。

ビクトーザ

ビクトーザの特徴
特徴 自己注射タイプ
食事の影響をうけないため、食前食後どちらでも可能
副作用が出にくい
日によって微調整しやすい
使用方法1日1回同じ時間に投与(0.3~1.8㎎)
主成分リラグルチド
値段
(1ヶ月分)
18㎎17,000円
購入方法クリニック
オンラインクリニック
個人輸入代行サイト

ビクトーザは、自己注射タイプのGLP-1受容体作動薬です。1日に1回、決まった時間に投与することで、体内のリラグルチド濃度が一定になり、ダイエット効果を受けやすくなります。また、他のGLP-1薬と異なり、食事の影響を受けないため、食前食後どちらでも効果を発揮することができるため、1日1回投与を忘れなければ問題ありません。

また、摂取量の調節も可能であるため、日々の体調によって微調整することが可能な点も魅力の一つです。

サクセンダ

サクセンダの特徴
特徴自己注射タイプ
肥満治療薬中毒性が低く、耐性が起こりにくい
他の抗肥満薬と異なり、安全性が高い
使用方法1日1回自己注射(0.6~3.0㎎)
主成分リラグルチド
値段
(1ヶ月分)
20,000円前後/1本
購入方法クリニック
オンラインクリニック
個人輸入代行サイト

サクセンダは、ノボノルディスク社から販売されている肥満治療薬(体重管理治療薬)です。

オゼンピックやビクトーザは糖尿病治療薬であるのに対し、サクセンダは肥満治療薬として販売されており、アメリカのFDA(アメリカ少量医薬品局)で承認を得てる薬です。しかし、残念ながら日本の厚生労働省からは認可が下りておらず、副作用によって体調を崩しても非会社救済制度の対象外となります。

また、中毒性が低く、薬の主成分に対して耐性が生じづらい点も特徴です。

ウゴービ

ウゴービの特徴
特徴 自己注射タイプ
肥満治療薬最大投与量が多い
処方条件が厳しい
使用方法 1日1回自己注射(0.25~2.4㎎)
主成分 セマグルチド
値段(1ヶ月分) 40,000円前後
購入方法クリニック
オンラインクリニック
個人輸入代行サイト

ウゴービは、2024年2月22日に発売となった新しいGLP-1薬です。日本では、厚生労働省の認可を受けてから1年近く経ってから販売されています。

ウゴービは痩せたい方全員に処方してもらえるわけではなく、高血圧や脂質異常症、2型糖尿病のいずれかを有する肥満症があり、かつ食事療法や運動療法を行っても改善が見られなかった方で、下記のいずれかの条件に該当する方のみが対象となります。

・BMI27㎏/㎡以上で、2つ以上の肥満に関する健康障害を有している
・BMI35㎏/㎡以上

また肥満に関する健康障害の具体的な例は以下の通りです。

・耐糖能障害 (2型糖尿病、耐糖能異常)
・脂質異常症(高脂血症)
・高血圧症
・高尿酸血症(痛風も含む)
・冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症)
・脳梗塞または一過性脳虚血発作
・非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)
・月経異常または女性不妊
・閉塞性睡眠時無呼吸症候群
・運動器疾患
・肥満関連腎臓病

体重自体が超えていても、健康障害などの条件が厳しいため、適用される人はかなり少ないと思われます。

マンジャロ

マンジャロの特徴
特徴 自己注射タイプ
1回使い切り
空打ちも不要
使用方法 週に一回同じ曜日に自己注射(2.5㎎~)
主成分 セマグルチド
値段(1ヶ月分) 10㎎約30,000円 12.5㎎約38,000円15㎎約46,000円
購入方法クリニック
オンラインクリニック
個人輸入代行サイト

マンジャロは注射剤のGLP-1治療薬で、一回きりの使い切りタイプです。週に1回接種すれば問題なく薬効が発揮されますが、毎回同じ曜日に摂取するという条件がある点には注意が必要です。

マンジャロは、1ヶ月当たり30,000円ほどと比較的高価な薬となっています。

注射剤と錠剤の違い

GLP-1の薬には、注射剤と錠剤の2種類がありますが、どちらを選んだら良いか悩んでいる方が多いはずです。それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

注射剤のメリット・デメリット

GLP-1注射剤のメリットとデメリット一覧
メリット デメリット
注射を打つタイミング(時間)を選ばない 費用が錠剤よりも高め
体調に合わせて用量を調節できる 自分で注射を打つことへの抵抗感
週1回だけで良いものもある 注射痕が赤くなったり痕になることも

注射剤は、錠剤と比較して投与のタイミングが緩いです。決められた用法を守っていれば、1日1回または週1回の注射で十分に効果を発揮します。

また、自分の体調に合わせて用量を調節できる点も魅力の一つです。体調の悪い時は少なめに打つことが可能です。また、一部の注射剤は週に1回接種するだけで良いため、身体的な負担が軽く、手間も少ない点もメリットのひとつです。

一方で、デメリットとして錠剤よりも価格が高めである点や自己注射のストレス、注射痕が残る可能性があることが挙げられます。これらのデメリットとメリットを比較して、問題無ければ注射剤を選びましょう。

錠剤のメリット・デメリット

GLP-1錠剤のメリットとデメリット一覧
メリットデメリット
注射剤に比べて安価に購入できる空腹時に飲む必要がある
飲むだけなので抵抗がない120㎖以下の水と一緒に飲む必要がある
ダイエットを続けやすい服用後、少なくとも30分は飲食・他剤の服用はできない

錠剤のメリットは注射剤と比較して安価に購入できる点です。GLP-1ダイエットをこれから始めたい方や、自己注射に抵抗がある方は錠剤タイプのGLP-1がおすすめです。

デメリットとして、「空腹時に飲まなければならない」「120㎖以下の水と一緒に飲む必要がある」「服用後、少なくとも30分は飲食・他剤の服用はできない」といった、服用ルールがあります。3つのルールを守らなければ、正常な薬の効果を発揮できない可能性があります。

GLP-1のおすすめオンラインクリニック4選

GLP-1を購入する際に、最も重要なのが「信頼性」と「利便性」です。信頼性が無ければ、偽薬を買わされてしまう事もあり、ダイエット効果が得られません。また、利便性が無ければGLP-1ダイエットを継続的に続けることができず、効率良く瘦せることができないことが考えられます。

そこで、下記では信頼性と利便性を両立しているオンラインクリニックを4つご紹介したいと思います。

クリニックフォア

クリニックフォア
[引用:クリニックフォア]

クリニックフォアでは、平日は7時から24時まで土日も診療が可能となります。そのため、日ごろ仕事で忙しい方でも、スケジュールの空き時間に簡単に診療を受けることができます。ただし診療時間は、土日祝日をはじめ、日によって異なる場合があります。

また、医薬品の入手経路も国内の正規販売代理店から仕入れているため、信頼性が高く偽薬などを購入する心配はありません。

クリニックフォアで取り扱っているGLP-1受容体作動薬は以下の通りです。

・リベルサス
・オゼンピック
・マンジャロ
・サクセンダ

効果の面で考えた場合、どれも大きな差はないため効果以外の違いを理解して処方してもらいましょう。

下記では、クリニックフォアで取り扱っているGLP-1薬の料金プランを表にしてまとめました。

短期で集中的に痩せていくプラン(内服薬メイン)
プラン名 1ヶ月 3ヶ月 半年分 定期配送
GLP-1毎日内服プラン(リベルサス) 3㎎
11,000円 10,450円/月
(31,350円)
9,900円/月
(59,400円)
9,350円
短期で集中的に痩せていくプラン(注射薬メイン)
プラン名 1ヶ月 3ヶ月 半年分
GLP-1週1回投与プラン(オゼンピック) 2㎎
29,700円 56,430円
(28,215円/月)
80,190円
(26,730円/月)

クリニックフォアでは上記のお薬代に加えて、予約料・診察料として1,650円かかってしまいます。しかし、今なら初診料が無料になるクーポンが配布中です。

クリニックフォアでGLP-1ダイエットを始めたい方は、下記からクーポンを使って始めましょう。

\今ならクーポン配布中

DMMオンラインクリニック

DMMオンラインクリニックは、リベルサスなどの取り扱っている医薬品を国内の医薬品販売代理店から正規の手段で購入しているため、信頼性があります。また、スマホやタブレット、PCでオンライン診療予約から薬の受け取りまでワンストップであるため、利便性も優れています。オンライン診療の受付時間は24時間であるため、いつでも何処でも診療を受けることができます。

DMMオンラインクリニックで取り扱っているGLP-1受容体作動薬は飲み薬である「リベルサス」のみです。料金表は下記の通りです。

DMMオンラインクリニックの料金表
プラン 1ヶ月毎定期便 3ヶ月毎定期便 6ヶ月毎定期便 単月
リベルサス3㎎ 税込8,580円 1ヶ月あたり
税込8,507円
(税込25,520円)
1ヶ月あたり
税込8,305円
(税込49,830円)
税込10,120円
リベルサス7㎎ 税込16,280円 1ヶ月あたり
税込16,243円
(税込48,730円)
1ヶ月あたり
税込16,225円
(税込97,350円)
税込20,240円
リベルサス14㎎ 税込26,070円 1ヶ月あたり
税込26,033円
(税込78,100円)
1ヶ月あたり
税込25,868円
(税込155,210円)
税込33,440円

DMMでリベルサスを購入する際には定期便を利用するのがオススメです。定期便の場合、単月で購入する場合と比較して約15%オフで購入することができます。

また、GLP-1ダイエットは3ヶ月から6ヶ月ほど続ける必要があるため、3か月毎定期便を申し込むのが良いでしょう。

3か月ごとにダイエットの成果を確認して、自分の理想の体型になったタイミングでダイエットから卒業することができます。

解約手数料は無料で、いつでも解約することができるため、「始めやすく、止めやすい」と言えるでしょう。

月々8,305円からリベルサスが購入できる!/

elife.clinic(イーライフクリニック)

elife.clinicは朝7時から夜22時まで365日いつでもオンライン診療を受け付けています。受診からお薬を受け取るまで全てオンラインで完結するため、利便性にも優れています。

取り扱っているGLP-1薬は、リベルサス、サクセンダ、オゼンピックの3種類となっており、錠剤タイプと注射剤タイプ両方が揃っています。

elife.clinicのおもな特徴として、業界最安値を追及しており、お薬代に診察料と送料が含まれています。

elife.clinicの価格表は以下の通りです。

【リベルサス】

elife.clinicのリベルサス価格表
1ヶ月毎定期便 3か月毎定期便 6ヶ月毎定期便
3㎎(30錠) 8,650円 7,167円/月
(21,500円)
6,664円/月
(39,980円)
7㎎(30錠) 16,400円 15,000円/月
(45,000円)
14,167円/月
(85,000円)
14㎎(30錠) 26,200円 23,327円/月
(69,980円)
21,500円/月
(129,000円)

診察料無料でオンライン診療が受けられる!/

【サクセンダ】

elife.clinicのサクセンダ価格表
1ヶ月毎定期便 まとめ買い
1本 19,800円/月 7本 131,600円
(18,800円/本)
2本 39,200円/月
(19,600円/本)
10本 186,000円
(18,600円/本)
3本 58,200円/月
(19,400円/本)
15本 276,000円
(18,400円/本)

診察料無料でオンライン診療が受けられる!/

【オゼンピック】

elife.clinicのオゼンピック価格表
1ヶ月毎定期便 まとめ買い
1本 26,900円/月 6本 136,200円
(22,700円/本)
2本 52,900円/月
(26,450円/本)
8本 180,000円
(22,500円/本)
10本 220,000円
(22,000円/本)

診察料無料でオンライン診療が受けられる

デジタルクリニック

デジタルクリニックでは信頼性の高い正規の輸入手段で購入した医薬品を仕入れており、安心して薬を処方してもらう事ができます。

処方しているGLP-1受容体作動薬の種類は、リベルサスとサクセンダとなっています。

【リベルサス】

デジタルクリニックのリベルサス価格表
1ヶ月分 定期配送 3ヶ月定期配送
3㎎ 11,000円 9,350円/月
7㎎ 22,000円 18,700円/月
14㎎ 36,300円 28,050円/月 29,040円/月

※リベルサス(3mg or 7mg or 14mg)の処方です
※3ヶ月定期配送は3ヶ月ごとに配送されるコースです

【サクセンダ】

デジタルクリニックのサクセンダ価格表
1本 5本 10本 15本
23,800円 22,609円/本
(合計113,045円)
21,419円/本
(合計214,190円)
18,390円/本
(合計303,435円)

※サクセンダ15本以上をまとめて処方希望の方はオンライン診療の際に医師にご相談ください

デジタルクリニックの特徴としては、GLP-1薬を使用したメディカルダイエットが初めての方に向けて、「副作用治療セット」も用意されています。

GLP-1の副作用が心配という方は、「副作用治療セット」も併せて処方してもらうと良いでしょう。

副作用治療セット
税込3300円
※メトクロプラミド錠5mg10錠(吐き気止め)
・酸化マグネシウム500mg20錠(便秘治療薬)
・ブドウ糖(低血糖治療)

なお、デジタルクリニックでは初診料が1,650円かかります。はじめてデジタルクリニックを利用される方は注意しましょう。再診料は無料になりますので、一度デジタルクリニックを利用された方は継続して利用し続けるとお得です。

\ずーっと再診料が無料!

GLP-1受容体作動薬の副作用について

GLP-1受容体作動薬は医薬品であるため、安全性には十分確認がされていますが、稀に副作用が発生する可能性があります。効果や効能、副作用については個人差があるため、医師の診察を必ず受け、診断に従って薬を服用しましょう。

GLP-1薬の主な副作用は下記の通りです。

GLP-1受容体作動薬で起こる可能性のある副作用
重大な副作用 比較的頻度の高い副作用
・低血糖症状
・高度の空腹感
・動悸
・頭痛
・めまい
など
・悪心
・嘔吐
・下痢
・便秘
・腹痛
など

GLP-1には胃腸の動きを抑制する効果があります。そのため、腹痛や便秘、下痢など消化器官に関連した副作用が発生する恐れがあります。

GLP-1の副作用は使い続けることで徐々に薬の成分に慣れ、副作用を感じにくくなっていきます。

副作用が発生した場合にはしばらく安静にして症状緩和するのを待ちましょう。症状が強い場合は、お近くの医師に相談しましょう。

薬の用量と副作用の関係性

基本的に、薬の用量が多ければ多いほど強い副作用が発生します。そのため、GLP-1ダイエットを始める方は、少ない用量から始めます。副作用が生じない事が確認出来たら徐々に用量を増やしていきます。

早く痩せたいからと言って、最初から多量のGLP-1薬は処方できないため、ご注意ください。

GLP-1受容体作動薬の注意点

GLP受容体作動薬について、近年さまざまな問題が発生しており、「本当に安全なの?」と疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

GLP-1の問題として上がるのは以下の3点です。

  1. 偽薬(偽物の薬)の流通
  2. 診療のトラブル
  3. 副作用のリスク

GLP-1の注意点について下記で説明していきます。

「偽薬」の流通は個人輸入サイトに多い

GLP-1の人気が上がっていくにつれて、偽薬の流通が問題となっています。主に個人輸入代行サイトや信頼性のないオンラインクリニックにおいて発生している傾向にあります

そのため、信頼性が確認できない個人輸入代行サイトやオンラインクリニックなどでは購入しないようにしましょう。

上記で紹介したクリニックは、GLP-1薬をはじめ、取り扱っている医薬品の入手経路を消費者向けに開示しているサイトのみです。

偽薬の心配がある方は、上記オンラインクリニックを利用するのがオススメです。

診療のトラブル

診療のトラブルにありがちなのは「自分だけ処方してもらえなかった」と思い、クリニックに対して不満を持ってしまうという事例です。

前提として、GLP-1薬を入手する際には、必ず医師の診断を受ける必要があります。

その際に、GLP-1薬を処方できない条件に当てはまってしまったり、医師がGLP-1の服用は危険だと判断した場合、処方されません。

またGLP-1薬は現在供給不足となっており、2型糖尿病患者に優先的に処方されています。状況によっては、上記条件に当てはまっていなかったとしても処方されない可能性もあるため、注意しましょう。

GLP-1ダイエットまとめ

この記事では、GLP-1についてまとめました。

GLP-1受容体作動薬の減量効果や副作用、危険性について十分に理解し、GLP-1ダイエットを始めるようにしましょう。

また、GLP-1薬を処方してもらう際には「信頼性」と「利便性」が優れているオンラインクリニックを利用するのがオススメです。

\オンライン診療ならDMMクリニックがオススメ!/

この記事の監修者
西口 理恵

◤肩書
株式会社まちかどメディカル
代表取締役
薬剤師

◤略歴
東邦大学薬学部 卒業/北部地区医師会病院/医療法人福寿会メディカルトピア草加病院/ピップ株式会社/令和3年より現職

◤資格
薬剤師免許

西口 理恵をフォローする
GLP-1
シェアする